綺羅きら、星の如く
戦国の雄、肥前名護屋参陣

国内統一を成し遂げた豊臣秀吉は、かねてより構想を抱いていた大陸への侵攻(「唐入(からいり)」)を具現化し、朝鮮半島へと出兵しました。「文禄・慶長の役」と呼ばれるこの戦争では、肥前名護屋の地に国内の軍事拠点である名護屋城が築かれ、その周辺には戦国の世を戦い抜いた150家を超える大名・武将が日本各地から参陣しました。

その中には、徳川家康、前田利家、毛利輝元、上杉景勝、直江兼続、石田三成、加藤清正、黒田長政、伊達政宗、鍋島直茂、立花宗茂、真田昌幸、真田信繁(幸村)など、現在でもその名を知られる、時代を彩った戦国の雄が「綺羅、星の如く」居並び、人口数十万を数える日本有数の大都市が忽然として出現しました。

本企画展では、名護屋に参陣した著名な大名・武将を象徴する資料を一堂に展示するとともに、発掘調査等によって明らかとなった諸大名陣屋の様子を紹介し、日本史上類を見ない政治・経済・文化のるつぼと化した「肥前名護屋」の姿を描きます。

イベント情報

申込受付を終了しました。
申込受付を終了しました。

各イベントともに1回のお申込みで最大2名様分(代表者含む)までお申込みいただくことができます。 着れちゃう!ダンボール甲冑づくり体験は親子ペアでのご応募となります。

  • ※ご記入いただきました個人情報については当事業の連絡の際に使用いたします。
  • ※参加が確定された方には、参加券を郵送します。

令和4年3月に延期
かつて全国の大名たちが集い、茶道などの文化の発展のはじまりの場所であった名護屋城跡を舞台にイベントを開催します。
能や鷹匠の実演披露などもありますので、お気軽にご参加ください。
詳しくはWEBサイトをご覧ください。

佐賀県立名護屋城博物館までのアクセス

公共交通機関

唐津大手口バスセンターもしくはJR西唐津駅から昭和バスで約40分「名護屋城博物館入口」下車、徒歩5分

自動車

<福岡方面から>西九州自動車道唐津ICから約40分
<佐賀方面から>長崎自動車道・多久ICから約70分

出品協力

仙台市博物館、米沢市上杉博物館、真田宝物館、公益財団法人前田育徳会、大阪城天守閣、毛利博物館、福岡市博物館、立花家史料館、本妙寺、公益財団法人鍋島報效会

後援

唐津市、唐津市教育委員会、一般社団法人唐津観光協会、肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会